女性

税金問題をおざなりにせず早めに対処【不動産や農地の相続ポイント】

土地の計算

男性

残された遺産の評価額は、基本的にすべて故人が亡くなった日の段階での時価で計算されるようになっています。そして大半の財産は、資産価値が分かりやすいものばかりであります。しかしながら土地や不動産というのは、なんとも様々な条件から価値が算出されていきますので計算するのが難しいのです。一歩計算間違いをすれば大きな誤差が生まれますから、課税対象ではないと思っていたら課税対象だったということは立派に有り得る話です。まず、不動産の価値計算方法といっても計算対象が土地なのか家屋なのか、その点からまず計算が変わって来ます。土地の価格計算は「路線価」というものから算出されるようになっています。この路線価が、土地の相続税であったり譲与する際の譲与税の計算基準となっています。そして、家屋の計算方法は「固定資産税評価額」というものから計算されるものとなっています。この2つはどちらも不動産の価値基準を示すものという点では同じなのですが、使われるシーンや計算する元の数値が違うために混乱を招きやすくなっています。この不動産の金額を適正に算出できるかどうかで、相続税の算出が大きく変わって来ますからこの辺りはきちんと知っておいたほうがいいでしょう。もしも税理士に関与してもらうつもりがあるのであれば、相続専門でかつ土地の鑑定に長けている人に相談するのが良いです。素人が一人で悩んでいても何も始まらないのは明白です。ですので、プロに任せるのが一番なのです。