女性

税金問題をおざなりにせず早めに対処【不動産や農地の相続ポイント】

4つの価格設定

スーツ

不動産の一物四価という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これはひとつのモノ=不動産に四価=4つの価格が付けられているということを表しています。ここでいう四価とは、「実勢価格」・「地価公示価格」・「固定資産税評価額」・「路線価」の4つのことを指しています。それぞれに用途や基準や制定している部署が違いますから、至極ややこしいのですね。普段見ている土地の価格などの金額は、実勢価格であると思ってよいでしょう。これが、実際に不動産取引を行う際の価格ですから私達一般人が触れるのは実勢価格が大半です。「地価公示価格」とは、国土交通省が設定した土地の価格で、この価格を基準に相場として売値が決まっていくことになります。「その土地が更地だったとしたら、一平方メートル辺りいくらで売り買いされるだろうか」という観点から値段を決めるものです。土地を所有する人が毎年収めている固定資産税を定める基準になるのが「固定資産税評価額」です。市町村などが定めていて、大体「地価公示価格の7割り程度」の価格になることが多いです。そして、最後に残った路線価は電車の線路の価格ではなく、道路の価格を指します。ある土地があったとして、隣接する道路にどれだけの価値があるかという事から算出されます。ですので、ざっくりした計算を行うことによる不利益を防止するために「地価公示価格の8割り程度」の価格で算定されます。こうした計算をしておくことで、後になって焦る事がないと言えるのではないでしょうか。